2022年 3月

板橋区いたばしく相談そうだん窓口まどぐち

相談そうだん窓口まどぐち
板橋区いたばしく板橋いたばし二丁目にちょうめ66ばん1ごう 板橋区いたばしくやくしょ本庁舎ほんちょうしゃ8かい
区民くみん文化部ぶんかぶ文化ぶんか国際交流こくさいこうりゅう 文化ぶんか国際交流こくさいこうりゅうがかり (3579)2018

開設日かいせつび
令和れいわ4ねん4がつ26にち火曜日かようび)から

相談そうだん時間じかん
月曜日げつようびから金曜日きんようび祝日しゅくじつのぞく)午前ごぜん9から午後ごご5まで

対応たいおう言語げんご
ウクライナ、ロシア英語えいご、やさしい日本語にほんご
(ウクライナとロシアでの窓口まどぐち相談そうだんは、音声おんせい通訳機つうやくきおよ電話でんわ通訳つうやくかいして対応たいおうします。 電話でんわによるわせは英語えいごのみ対応たいおうします。)

対象者たいしょうしゃ
ウクライナから避難ひなんしてきたひとまたはその家族かぞく身元みもと保証人ほしょうにんなど

くわしくは、板橋区いたばしくのホームページてください。

 


 

  1. Стойка консультацій
    2-66-1, Itabashi, Itabashi-ku Ітабасі-ку урядовий офіс Головна урядова будівля 8-й поверх
    Відділ культури та міжнародного обміну, відділ культури, відділ культури громадян міста (3579) 2018
  2. Дата відкриття
    З вівторка 26 квітня 4-го року Рейва
  3. Час консультації
    З понеділка по п’ятницю (крім святкових днів) з 9:00 до 17:00
  4. Підтримувані мови
    Українська, російська, англійська, легка японська
    (Консультації українською та російською зустрічними надаються через голосового та телефонного перекладача. Телефонні запити доступні лише англійською мовою.)
  5. Цільова особа
    Особи, які евакуювалися з України, або їхні родини, поручителі тощо.

 


 

東京都とうきょうとつながり創生そうせい財団ざいだんの、ウクライナからの 避難ひなん(※)してきたひとたちのための 窓口まどぐち
避難ひなん危険きけんなところから 安全あんぜんなところへ くこと]
 
東京とうきょうで 安心あんしんして 生活せいかつできるように 必要ひつような 情報じょうほうを おしえたり、くわしい 相談そうだんが できるところを 案内あんないします。
窓口まどぐちの 名前なまえ
 ウクライナ避難ひなんみんワンストップ相談そうだん窓口まどぐち 東京都とうきょうと多言語たげんご相談そうだんナビない
相談そうだんできる 時間じかん  
  月曜日げつようびから 金曜日きんようびの 午前ごぜん10から 午後ごごまで (祝日しゅくじつやすみ)
電話でんわ番号ばんごう
  03-6258-1227
はなすことが できる 言葉ことば
 やさしい日本語にほんご英語えいご、ロシア、ウクライナ
 ※ウクライナは 予約よやくが 必要ひつようです。
 ※中国語ちゅうごくご韓国語かんこくご、ポルトガル、スペイン、タイ、タガログ、ベトナム、ヒンディー、ネパール、フランス、インドネシアでも 相談そうだんできます。
▼ちらしはこちらから

 

3月8日、新河岸小学校の6年生の授業で、JICA国際協力出前講座による「国際理解教育」を行いました。講師は仕事と旅行で80以上の国々を訪問し、JICA海外シニアボランティアとして赴任したドミニカ共和国とアルゼンチンでは中小企業の育成、体質改善、競争力強化などの支援をしました。
講座では赴任国の生い立ちや文化、習慣などを紹介しながら、マテ茶の回し飲みや現地のお祭りなど、現地の生活について話がありました。例えばドミニカ共和国のお祭りでは悪魔の仮装をした人にお尻を叩かれ、それによって身が清められるといった風習があり、日本人から見ると奇妙でも、その国の人たちにとっては普通であったり、意味があったりするということや、どんな国にもそれぞれの国の美しいものや文化があり、相手の立場に立ってものを考えることが大事だといった話がありました。
生徒達からは、「マテ茶の回し飲みはしましたか」、「ドミニカ共和国のお祭りでは実際にお尻を叩かれましたか」、「海外で仕事をしていた時のやりがいは何でしたか」といった講師の海外での体験や経験に関する質問があがり、異文化の理解に高い関心を持ったようでした。

2月10日、志村第三小学校の6年生の授業で、JICA国際協力出前講座による「国際理解教育」を行いました。赴任地のガーナで、手工芸を教えていた講師から話を聞きました。
ガーナの同年代の子どもたちは、水汲みをしたり、子守をしたり、ご飯をつくったりして、子どものころから家のことをたくさんしなければならないこと、生活が大変そうに見えてもガーナの人々はとても明るく、笑顔で過ごしていることを聞きました。講師はガーナで手編みの物づくりなどを教えて、手に職がつくことで現地の人々の生活が豊かになるという話をし、児童たちはガーナで使用されている布などを実際に触ってみて体験しました。また、児童たちはもし自分がガーナに行ったら、自分にも何か教えられることはないかを考えました。