アーティスト
ジャンルで選ぶ

SAKKA YUKARI / YUKARIUM

アーティスト・表現者のユカリウムです。
ひとつのジャンルにとどまることなく、絵画・造形・インスタレーション作品・音舞台『精霊の夜』・オリジナルキャラクター『せいれい』、さまざまな表現方法でアートを展開します。

この地球上に存在する目に見えないものたちを“せいれい”と呼び、表現の源としています。2007年より大地のエネルギーにインスピレーションを受け、導かれながら仕事をしてきました。2021年これからは風のインスピレーションかもしれないと感じています。

子どもたちとアートを楽しみ、アートで遊ぶクラブ『サッカ・アート・クラブ』主宰しています。
【活動歴】
[ 活動歴 ]
2015  音舞台『精霊の夜 vol.11 / TIERRATOCA』 
   〈竹田鎭三郎 メキシコに架けたアートの橋展〉イベント(川崎市岡本太郎美術館)
2014 『Las Semillas / 精霊の夜vol.10』〈西森森山まつり〉主催・企画ディレクター(千葉県市原市鶴舞の森)
2012 『紅(あか)の家 / 精霊の夜vol.9』(アートハウスあそうばらの谷・千葉県市原市)
2012 『発見!墨の七色!』講師 〈丸の内キッズジャンボリー2012〉 (東京国際フォーラム)
2012 『記憶の羽 / 精霊の夜vol.8』 グループ展〈マヤ展〉出品(Gallery&Cafe SIGEL・千葉県富津市)
2011 『道 –el camino-』 (小野画廊・銀座)
2011  グループ展『東日本大震災チャリティー展 -遥か彼方は相馬の空に-』
    (ギャラリー青藍・六本木、オリエ アートギャラリー・青山) 以後2014年まで毎年出品
2011 『色のパズル / 精霊の夜vol.7』 (フレーム工房ジャム・千葉県市原市)
2011 『Luzsombra / 精霊の夜vol.6』 (ギャラリーかきがらの庭・日本橋)
2010 『精霊の夜vol.5』(砂漠、サン・ルイス・ポトシ、メキシコ)
2010 『精霊の夜vol.4』(火山口、メキシコシティ・メキシコ)
2009 『精霊の夜vol.3』(和光大学芸術祭アンデポンタン 出品)
2008 『精霊の夜vol.2』(和光大学芸術祭アンデポンタン 出品)
2007 『精霊の夜vol.1』(和光大学・町田市)
2005 グループ展(ギャラリーるたん・銀座)
2005 グループ展(レストランLas Chicas・表参道)
2004,2005 新制作展 入選(東京都美術館)
*個人蔵作品多数

[ 職歴・学歴 ]
千葉県内公立美術館 学芸員、小湊鐵道 こみなと稲毛ギャラリー アート・ディレクター
古民家ギャラリーの立ち上げ、展覧会やアート・イベントの企画運営に携わる
日本メキシコ交流400周年記念事業アート・プロジェクト『Artist in Residence』
企画マネージャー・通訳
和光大学表現学部芸術学科卒業
【ジャンル】
アート、芸術
【facebookページ】
【Instagram】
【お問い合わせ先】
e-mail: yukarium.works@gmail.com
【板橋区民へのメッセージ】
板橋区は生まれ育った場所であり、結婚後、新しい家族と子どもと暮らしています。今は、祖母、母、私、娘と女4代住んでいます。命がつながっていく素晴らしさを出産をとおして感じました。板橋区は、住み心地の良さ、自然環境の良さ、今は子育てのしやすさも大事なポイントになりました。

自分の仕事をとおして、アートの楽しさ、素晴らしさが板橋にもっともっと浸透していくといいなと思っています。生活の中にアートを取り入れて、身近に接してもらいたい。そう、仲のよい友だちのように。アートがあるとその空間が変わり、アートは確実に、豊かな心をあなたの中に育みます。

「サッカ・アート・クラブ」では、子どもたちと一緒に、感覚をとぎすませて、アートを全身で楽しんでいます。子どもたちの表現は、感動と発見にあふれています。これからも、一緒にアートを楽しみましょう!