アーティスト
ジャンルで選ぶ

大野 光一(おおの こういち)

 大野 光一

1987年生まれ 東京都出身
2012年武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻 卒業

私は人の「顔」をモチーフに作品を制作しています。
人にとって「顔」というものは特別大切な物です。顔が無ければ私たちは個人を認識できないし、顔の表情はその人の心裏をよく表します。そのために人の顔の筋肉はとても多く繊細です。
また、人の目、脳は顔の認識にとても長けています。天井の染みや木のうろ等も顔に見えます。
顔は人の体の中で一番大切な部分でありながら常に裸です。
顔は人間社会では名刺であり、パスポートです。またその人の心の内を写す鏡であり、それと同時に心の内を隠すマスクでもあります。

顔には怖くて美しい、とても大きな力があります。それは誰もが持っている原始的なものです。私は人の顔の向こう、薄い皮膚の裏側にその人の魂のような物があると感じます。
【活動歴】
2013年  8月 「みなとメディアミュージアム」 (茨城県ひたちなか市)
10月  「江古田ユニバース 2013」 (⻄武池袋線江古田駅周辺)
2014年  10月  「江古田ユニバース 2014」 (⻄武池袋線江古田駅周辺)
2015年  2月 「ワンダーシード2015」 (トーキョーワンダーサイト渋谷)
2016年 5月  「池袋アートギャザリング」 (東京藝術劇場)
6月  「NIIGATA オフィス・アート・ストリート」 優秀賞 受賞 (新潟市) https://www.city.niigata.lg.jp/kanko/bunka/shinko/office-art/index.files/2016.pdf
2017年 10月  「Tokyo Midtown Award 2017」 優秀賞 受賞 (東京ミッドタウン)
https://www.tokyo-midtown.com/jp/award/result/2017/art.html
2018年 3月 「Tokyo Midtown Street Museum 」 (東京ミッドタウン)
4月〜9月「⻩金町アーティストインレジデンス参加」 (横浜)
⻩金町内のスタジオにて滞在制作。街の歴史や建物のリサーチを行う。
5月「六本木アートナイト 2018」 (六本木)
自作の絵画の画像を使ったワークショップを開催。 https://www.roppongiartnight.com/2018/programs/10084
9月 「⻩金町アートバザール 2018」 (横浜)
レジデンス中に制作した絵画約 300 点を⻩金町の空き家全体に展示 http://koganecho.net/koganecho-bazaar-2018/artist/-kouichi-ohno.html
2020年  9月「六甲ミーツ・アート芸術散歩 2020」 FM802 賞 受賞 (神戶市)
六甲山展望台付近の広場に自作絵画の画像を大判出した作品を展示 https://www.rokkosan.com/art2020/artist
12月  「BE THE LIGHT 〜神戶メリケンパーク・イルミネーション〜」
【ジャンル】
アーティスト
【ホームページ】
【Instagram】
【お問い合わせ先】
e-mail: pa08003ko@yahoo.co.jp
【板橋区民へのメッセージ】
ご覧頂きありがとう御座います。
私は油彩をメインに作品を制作しています。
私が絵を描く時に一番気になるのは、絵の具の質感です。
ぬるりと艶やかで、こんなに生っぽい画材は他に無いと感じています。